アイピルとお酒の相性


アイピルとは、緊急避妊薬です。
避妊具の不着用や破損した場合の事後対策として使用します。
受精や受精卵の子宮への着床を防ぐ働きがあるのです。
24時間以内の服用で95%、72時間で75%の避妊効果が報告されています。
それ以上の時間が過ぎてしまっても、5日以内ならば、服用したほうが妊娠する可能性は低くなると言われています。
よって、早めに服用することが肝心です。

アイピルの利点は、他のピルと比べて飲み忘れに注意する必要があまりないところです。
一般的なピルは、毎日決められた時間に服用しなければなりません。
しかし、アイピルは1回の服用で済ませることができるのです。

アイピルは現在の日本では非認可です。
そのため、ドラッグストアーなどで手に入れることはできません。
しかし、法律上で個人での使用に限り購入が認められているので、ピル 通販サイトを利用する方法が主流となっています。
その際は医師の診察や処方箋は必要ありません。

医師などの専門家から直接指導を受ける機会も少ないため、より一層、個人が使用方法、副作用、禁止事項を熟知しておくことが強く求められます。
その中でも主な副作用として吐き気を引き起こすことが知られています。
ですから、吐き気止めを服用しなければならない場合も多いのです。
他に下腹部の痛み、胸部の違和感、頭痛などの副作用が報告されていますが、そのほとんどが1~2日ほどの一時的なものであるケースが多いようです。

しかし、強制的に生理を引き起こすなど、体に負担が大きいことは確実です。
毎日常用することは、避けなければなりません。
また、体調不良で医師の診察を受ける場合は、アイピルを服用していることを申告しなければなりません。
処方薬との飲み合わせにより、思わぬ危険が伴う可能性があるからです。

アイピルとお酒の相性については、禁忌事項に記載が無いため、特に問題がないと考えられます。

ピルについて、詳しい情報は以下のサイトを参考にしました
トリキュラー通販│避妊ピルの種類と効果,副作用について